サービス一覧

米国公認会計士の魅力は、なんといっても高収入だと思います。
国際会計基準が日本に採用されたとはいっても、まだ日本においては活躍の場が多くないかもしれません。
しかし、大手企業や外資系企業であれば米国公認会計士の資格を持った人を募集しているところが多いのです。
外資系企業であって、経験があれば初年度であっても600万円以上の年収になるところもあります。
未経験だと、大体25万から30万円の月収のようですが、頑張り次第や外資系企業では2000万円以上の年収の企業もあるようです。
その分仕事がきつかったり忙しい場合もありますが、やりがいもあるので、仕事が好きな人にとっては、米国公認会計士試験を受けてみてはいかがでしょうか。