サービス一覧

米国公認会計士と聞くと難易度の高い試験のように思われがちです。
しかし、インターネットや参考書などで調べてみると、意外と簡単な試験であると言う事が分かると思います。
そのため、全くビジネスや会計関連に興味が無い人でも、チャレンジしてみようと思い立つ人が少なくありません。
そういう人が適当に勉強しても落ちてしまいます。
簡単とは言われていますが、やはり英語は必須ですし、会計のバックグラウンドがないと厳しいかもしれません。
勿論、そういったバックグラウンドが無くても勉強をすれば受かりますが、誰でも受かるほど簡単ではなく、合格までの試験勉強時間は1000時間必要と言われています。
日本の公認会計士だと3000時間必要と言われていますので、それに比べれば簡単ですが、米国公認会計士の試験は誰でも受かる試験ではありません。